• ATA

吉田 華菜子(Kanako Yoshida)



学校名:青森明の星中学・高等学校 特進コース 3年生

名 前:吉田華菜子(Kanako Yoshida)

留学プログラム:高校留学(短期)

留学国:オーストラリア

留学期間:2019年7月~2019年8月 約1か月間




 私は、⾼校2年次の夏休みにオーストラリアへ⼀か⽉間の短期留学をしました。私は、英語圏の国に⾝を置いて⽣活をすることで、英語⼒を向上させるため、海外⽣活を通じて視野を広げるために留学をしました。また、私がオーストラリアに留学に⾏きたいと思った理由の⼀つに中学2年次に⾏った2週間のオーストラリア語学研修が挙げられます。2週間という短い期間でしたが、初めて海外に⾏った私にとってはすべてが初体験でとても濃い時間でした。次は、より多くの外国⼈の⽅と交流し、コミュニケーション⼒を上げたいと思っていました。

 私は、⼀⼈で留学をしたので当初、知り合いが⼀⼈もいなく、⽇本語が通じない環境に悩むことがありました。しかし、オーストラリアで出会った⽅々はとても優しく、すぐに私を受け⼊れてくれました。そのため、私もすぐ溶け込むことができました。徐々に緊張もほぐれ、私から話しかけられるようになり、友達を作ることが出来ました。授業の際も、わからない部分があったら進んで先⽣に聞きに⾏ったり、友達に教えてもらったりしました。そのため、英語⼒、コミュニケーション⼒を向上することが出来たと思います。


 多⽂化社会であるオーストラリアで⽣活することで、オーストラリア⼈以外の⽅々とも話す機会があり、⾃分の世界観を広げることができました。また、⽇本の習慣や⽂化のよさに気づくこともできました。ホストマザーの友達の⼦どもに週⼀で⽇本語を教えに⾏ったり、学校の⽇本語の授業では先⽣のサポートをしたり、⽇本ではできない経験もすることができました。どうして⽇本⼈はひらがな・カタカナ・漢字を⽤いるのか聞かれた際、すぐに答えることが出来ず、⽇本に帰国したら英語だけではなく⽇本についても勉強しようと思う良いきっかけになりました。



 今回の留学は、英語⼒、コミュニケーション⼒の向上とともに、私の世界観を広げてくれました。また、知り合いのいない英語圏で⽣活をしたことで⾃⽴⼼、⾏動⼒、決断⼒を鍛えることができ、⾃分に⾃信をもてるようになりました。これらの⼒や⾃信は、今の私の⼼の糧となっています。私は、現在、⼤学進学に向けて勉学に勤しんでいます。⼤学では英語学や英⽶⽂学などを学び、また留学をしたいと思います。そして、さらに英語のスキルを⾼め世界にも通⽤するようになりたいです。 END

16回の閲覧

一般社団法人

ATA インスティテュート

 

TEL:022-343-9260

FAX:022-343-9261

e-mail:info@ata-japan.org

 

​メール配信登録

 
unnamed.jpg
unnamed-2.jpg
unnamed-3.jpg

© 2020 by ATA Institute of Global Education